韓国人ユーチューバー(youtuber)がコンビニでタッチ(クレーム)の動画は?

12月21日に大阪のコンビニを撮影した韓国人のユーチューバー(youtuber)の動画が話題になっているようです。

今回は問題点はコンビニの店員さんが「片言だったこと」が問題となって取り上げられていますが、

実際にどうだったのでしょうか?まずは動画を見てみましょう。

韓国人ユーチューバー(youtuber)が大阪のコンビニでの動画は?

全部韓国語なので何を言ってるかほとんどわかりませんね。

しかし、何となくのニュアンスは感じ取れます。

実際のことの発端は何だったのでしょうか?

韓国人ユーチューバー(youtuber)がコンビニでタッチを問題としている理由は?

「タッチ」と言われ、「『タッチして下さい』じゃないの?」「片言でいいの?」。客の韓国人男性がレジでこう男性店員に日本語でクレームを入れると、店員は、思わず「えっ?」と返す。

このユーチューバー男性は2019年12月21日、店員とのやり取りを撮った4分強の動画を自らのチャンネルにアップした。「大阪コンビニで嫌韓される?? 韓国人を無視する日本人店員に真の教育!!」(原題は韓国語)のタイトルが付いている。

男性は、お酒などを買いにこのコンビニに入り、カゴに入れてレジに向かった。そこで、店員は商品をレジに読み込ませながら、「タッチ」と男性に指示する。その後、男性と店員が先の会話を交わし、店員は、「分からないかなと思って」と説明したが、男性は、日本語でこう注文を付けた。

「分かんない人には、片言でいいの? 『タッチして下さい』じゃないの?」

これに対し、店員は、「そうですね」と言い、男性は、不満そうに買ったお酒などを持って店を出ていた。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/17569779/

韓国人のユーチューバーはお酒を購入しようとしていて、

コンビニの店員さんは画面をタッチして欲しくて「タッチ」と言ったようです。

コンビニで画面をタッチしないと購入できない商品ってありますよね?

なのでうながしたようなんですが、それが「カタコト」だったために今回の騒動になったようですね。

以前にも同じようなことをしていた?

この韓国人のユーチューバー(youtuber)は同じようなことを行っていたようで、

そちらの方はもっと酷かったようです。

YouTuberは入店した際に、従業員に撮影することを話し、承諾をもらっていました。しかし、撮影を進めていくと他の従業員から撮影を止めるようにいわれます。

それに対しては「撮影を許可された」「お金を払っているのに、そのような言い方はない」「それならタダで食べる」と反論。

注意を受けてからも撮影をそのまま続け、従業員に呼ばせた店長に謝罪させたということです。

そして、このお好み焼き店は動画投稿を禁止しているにもかかわらず、YouTuberはこの時に撮影した動画を編集して「大阪で嫌韓される!!観光に注意!!」という韓国語タイトルでYouTubeに投稿しました。

引用:https://blogos.com/article/420184/
出典:https://www.j-cast.com/2019/04/18355666.html

これについては他のミンギュさんというユーチューバーが

「これはおかしい」という動画を上げていました。

ミンギュチャンネルはこちら!

https://www.youtube.com/channel/UCEj6qpaPlHWCVp9GxyDNcpg

まとめ

色々物議があると思いますが、ミンギュさんが1番素晴らしいですね。

確かにコンビニの店員さんの態度もあまりよろしくなかったと思いますが、

だからと言って「嫌韓」という問題にはならないと感じます。

公平にしっかりみれているミンギュさんがとても素晴らしく思えます。

年末で忙しい日々が続いてると思いますが、

イライラしてると周りの方も嫌な気持ちになるので、

思いやりの気持ちで行動していきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です