芦原トンネルの通行止めはいつまで?開通はいつ?迂回路はどこが通れる?追記あり!

奈良県の高取町清水谷の国道169号線の芦原トンネルで、

コンクリートが剥がれ落ちる事故がありました。

これによって通行していた車がコンクリートの破片を踏んでパンクをしてしまいました。

トンネル内ではコンクリートが散らばり、片側の車線を塞いだようです。

トンネルは修理のため通行止になるようなので、

芦原トンネルの通行止めはいつまでなのか?開通するのはいつなのか?

迂回路はどこを通ればいいのかを調査しました。

芦原トンネルの通行止めはいつまで?期間は?場所はどこ?現在の状況は?

現在は芦原トンネルは通行止になっています(12月1日現在)。

また怪我人などはいません。

かなりのはく落ですね。

これで怪我人がいなかったことが奇跡ですね。

紅葉のシーズンや観光、帰省の時期にもなってくるので、

場所などもわからない人がいるかもしれませんので、

場所の確認もしておきましょう。

芦原トンネルの場所はどこ?

場所は奈良県の高取町清水谷の国道169号線です。

この影響で通行止になっています。

芦原トンネルの通行止めはいつまで?

引用:http://www.pref.nara.jp/secure/220556/houdou.pdf

資料によると、今後専門家のに相談の上、対応していきたいと考えている。とのことでした。

期間やいつまでなどの記載はありませんでしたので、

今後専門家への相談の上、いつまでなのか期間が決まるようです。

トンネル自体が昭和40年に完成していて、平成28年の点検でひび割れや水漏れが見つかっているようです。

なので老朽化が原因ではないのかと言われていますね。

来年1月まで補修工事が行われる予定の最中の事故だったようですので、

事故の調査も行われるので来年の1月では終わらないでしょう。

芦原トンネルの迂回路はどこを通ればいい?

広域迂回路として、国道309号線及び桜井吉野線(39号)が推進されています。

国道309号は?

芦原トンネルの西側の道が国道309号になりますね。

桜井吉野線(39号)は?

東側の道になります。

また可能性として、新しいトンネルでの対面通行の可能性もあるようですので、

行政の発表を待ちましょう。

この剥落事故自体が11月30日の土曜日に起きたので、

対応は12月2日の月曜日からになると思います。

なので来週の初めは通行止が続くと思いますが、

また変わってくる場合があるので情報がわかり次第追記します。

追記(12月2日)

どこからの情報かはまだわかっていませんが、

どうやら木曜日をメドに橿原方面へのトンネルを対面通行にして開通する予定だそうです!

また京奈和道(無料)の代替えルートが設けられているようです。

追記(12月5日)

12月6日からお昼頃(正午)から北行きのトンネル、

新芦原トンネルで対面通行が可能になります。

南行きの芦原トンネルは今も通行止めです。

原因の追及や対策にはまだ時間がかかるようです。

復旧のメドはまだ立っていません。

通行には十分に注意してください!!

みんなの声

 

まとめ

この芦原トンネルが通行止になると、かなりの遠回りをしなければならなくなりますね。

迂回路の使用でこれからいつも以上の交通量が増えると思います。

対面通行になる可能性もあるので情報を待ちましょう。

くれぐれも焦らず安全運転でハンドルを握ってください。

期間などがわかればまた追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です