浜松(5人死傷事故)で中国人の上告はある?統合失調症は罪になる?無罪に納得できない

平成27年5月に浜松で起きた信号を無視して死傷者を出した事故で、

中国国籍の女性が殺人などの罪に問われた裁判で、控訴審判決公判が8月29日に行われました。

1審静岡地裁浜松支部では懲役8年の判決が出ていましたが、

今回の控訴審判決公判では1審の判決を破棄し、逆転無罪の判決が下りました。

なぜ無罪になったのか意味がわかりませんね。

被害者の気持ちや、判決を待っていた皆さんの気持ちも納得できないですよね。

今回は上告はあるのか?統合失調症であれば罪にならないのかを調べてみました。

浜松(5人死傷事故)で中国人に対しての上告はある?

「刑事事件 裁判 最高裁までの流れ」の画像検索結果

引用:https://www.rosei.jp/lawdb/static.php?p=judge002

 

今回の控訴審判決公判は高等裁判所での判決ですので、まだ最高裁への上告が可能です。

判決はまだ覆せる可能性はあるようです。

誰が上告しなければならない?

控訴をできるのは、裁判を受けた検察官または被告人です(刑事訴訟法351条)。また、被告人の法定代理人・保佐人、原審における代理人または弁護人も控訴をすることができます(刑事訴訟法353条~356条)。原審における代理人または弁護人は、被告人の明示した意思に反しない限り控訴できるとされています。

引用:http://www.kousoshin.com/%E6%8E%A7%E8%A8%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B6%9A%E3%81%8D%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C/%E6%8E%A7%E8%A8%B4%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%A6.html

このことより、まだ諦めるのは早いです。

問題は被害者の家族が精神的にかなり辛い状況で、

自分の家族が理不尽な理由で亡くなったにも関わらず、

今回の逆転無罪という事実に立ち向かっていかなければならないことだと思います。

周りの方々、そしてこの判決に納得いかない皆さんの支えが必要だと思います。

統合失調症は罪になった前例はないの?

引用:https://www.bengo4.com/c_1009/b_157667/

過去には統合失調症の方が事件を起こしたことはあるようです。

必ずしも無罪になるということはないようですが、刑が軽減される可能性はあるようです。

しかし今回のケースで言えば、統合失調症という自覚がありながら運転をしたわけですよね?

警察庁のホームページにあった文面です。

引用:https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/list2.html

安全に運転ができない状況がわかっていながらも、

ハンドルを握っている時点ですでにおかしいですよね?

それも今回はひき逃げですよ?

日本の裁判はどうなっているのでしょうか?

誰も日本の司法を信じれなくなるのではないでしょうか?

まとめ

今回の判決について納得いってない、おかしいだろと思っている方はたくさんいるはずです。

私たちににとってできることは少ないですが、この事件を風化させないことはできるはずです。

何としてもしっかり罪を償ってもらえるように、1人1人ができることを行って行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です