NHKのTver(再配信)に受信料の支払い義務はあるの?パソコンはどうなる?

NHKのTver(再配信)に受信料の支払い義務はあるの?パソコンはどうなる?

スクランブル化を望む声がたくさん聞こえてきている中で、気になるニュースが出てきましたね。

NHKが再放送の「TVer」に参加するというのです。

そこで気になるのが、受信料問題・・・。

できれば払いたくないし・・・徴収人とは顔を合わせたくもない。

今までは「テレビを持ってません」で済んでいた対応も通用しなくなるのか気になる所なので調べてみました!

NHKのTver(ティーバー)に受信料の支払い義務はあるの?

同社は「TVerのWebページやアプリはNHKの放送を受信できる設備にはあたらない」として、NHKの受信契約の対象にはならないとしている。

引用 ITmediaNEWS https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/23/news103.html

TVerを見ても「支払い義務は発生しない」となっていますね。

しかし、「受信料を請求するようにするための準備なのでは?」という声も上がっています。

TVer(ティーバー)を見れるパソコンの受信料はどうなる?見ていることがバレたら・・・?

ワンセグを受信できる機能があるスマホが受信料の支払い対象になりました。

パソコンで見ていることがバレてしまった場合には、どうなるのか気になる人もいると思いますが、上記にも書いてあるように、

『TVerのWebページやアプリはNHKの放送を受信できる設備にはあたらない』

ということでパソコンを持っているから受信料を払わなければいけないということには、「今の所」なってはいません。

今後が果たしてどのような動きになるのか気になる所ですね。

現状では、パソコンでTVerを見ていることがバレたとしても、そこを徴収人に突っ込まれる事はないので安心してください。

スマホの場合は?

スマホにワンセグの受信機能が付いていないと、支払い義務は発生しません。

ですから「iPhone」は支払い義務はありません。グーグルの「Pixelシリーズ」も同様です。

その他のアンドロイドのスマホは、機種によって付いてる場合と付いていない場合があります。

自分の携帯がテレビを観れる機能があるのか、ないのか、しっかりと確認しておいた方が良さそうですね。

まとめ

TVerを視聴しても受信料の支払いの対象にはなりません。

しかし、見れる番組が限られるとはいえ、まじめに受信料を払ってる人は、あまりいい気がしないですよね。

お金を払わずに自分の見たい番組が見れるならその方がいいに決まってます。

「Tverは受信料支払いの対象にならない」その先に強制徴収が待っているような算段ではないことを祈っています。

読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です